脱毛前は化粧をしていても大丈夫?脱毛前後のメイクや日焼け止めについて

いざ脱毛を受けようと家を出る前に、脱毛当日に化粧をしても大丈夫なのかと不安を抱くかもしれません。施術を受ける脱毛サロンが遠いほどすっぴんで街を出歩く時間も長引いてしまいますし、脱毛前に化粧をしてもよいのかは意外と重要なポイントです。

そこで、施術当日の化粧の可否について確認してみましょう。また、脱毛が化粧に与える影響も確認しておくと、脱毛へ更に乗り気になるはずです。

メイク落としを利用する

脱毛を受ける多くの女性に配慮して、各脱毛サロンでは施術前にメイクを落とせるようにセッティングしています。メイクを自分で落とすのか、それともスタッフが丁寧にメイクを落としてくれるのかは脱毛サロンによって異なりますが、基本的にはメイクをしながら脱毛サロンを訪れても問題ありません。

また、施術を仕事帰りに受けようと考えている方も多いのではないでしょうか。その場合、一旦家に帰ってメイクを落とし、脱毛サロンへ向けてまた家を出る、というのは非効率的です。忙しい現代人の女性に対する配慮でもあるので、せっかくのサービスを利用しましょう。

一応の確認として、本当にメイク落としを利用できるのか確認しておくことをおすすめします。大手脱毛サロンでは大抵受け付けていますが、カウンセリングで直接聞いてみたり、ホームページを参考にしてメイク落としが可能か否かを確認しましょう。

事前に確認しておけば安心してメイクをしながら脱毛サロンへ通えますし、すっぴんを見られることなく脱毛を受けられます。

脱毛後のメイクは可能?

メイクしながら脱毛サロンへ通えても、脱毛後またメイクできなければすっぴんのまま帰路に着かなければなりません。脱毛前はメイクも可能でしたが、基本的に脱毛後は化粧はNGとなっています。顔脱毛後は肌がとても敏感になっており、化粧品の刺激によって肌荒れが酷く進行する可能性があります。

そのため、脱毛後のノーメイクに備えるためにマスクなど顔を隠せる何かを用意しておくと便利です。また、脱毛後に誰かと会う約束をしている方も、脱毛当日に限っては化粧を避けた方が賢明です。

これは脱毛直後に限った話ではなく、数時間が過ぎた後も同様です。

化粧せざるを得ない場合は、たっぷりと保湿をした肌に化粧品を使用することが大切です。

顔脱毛は人によってはかなりの痛みを感じるほどの刺激を与えるため、脱毛当日中はまだその影響が肌に残っている状態です。化粧するしないに限らず脱毛後の肌の保湿は非常に重要ですが、化粧をするならなおさら必要になるのです。

できれば、化粧をするにしても軽く整える程度にしておくことで、余計な刺激を肌に与えないように注意しましょう。

アイメイクは問題なし?

一部脱毛サロンでは、アイメイクのみ問題無しとしているケースがあります。顔脱毛はどの部位もデリケートな箇所であることに変わりありませんが、目は特にデリケートなため脱毛が困難な部位の一つとして数えられます。

予め目の周辺の脱毛が脱毛メニューに入っていないことも多いので、その場合はアイメイクをしたまま脱毛を受けられる場合もあるのです。アイメイクだけ残すことができれば、マスクさえ用意することで違和感なく家に帰ることができますし、脱毛サロンへ向かう場合もアイメイクだけ済ませて完了します。

脱毛を受ければ化粧ノリも改善する

脱毛前と後では、化粧ノリに大きな違いを感じる人も珍しくありません。それほど顔の産毛は化粧ノリに影響し、メイクの良し悪しを左右しているのです。男性の場合はヒゲ剃りをする必要がなくなるなど分かりやすい影響がありますが、女性の場合はこの化粧ノリが顔脱毛一番の恩恵と言っても過言ではありません。

また、化粧水などスキンケアアイテムをより活かせるようになることもメリットの一つです。肌に余計な皮脂や汚れを残しづらくなるため、基礎化粧品の効果が肌の深部にまで染み渡るようになるのです。単純に毛が生えてこなくなることで見た目が美しくなることもありますが、それ以上に化粧ノリが改善する魅力も顔脱毛にはあるのです。

脱毛におすすめの時期

日焼け止めの塗布

真夏日に施術を受ける場合など、どうしても日焼け止めを塗布したい場合もあるかもしれません。しかし、日焼け止めは肌へ刺激を与えることはありませんが、施術効果を半減させる可能性が高いのです。脱毛サロンの施術で使われる脱毛機は、毛穴など毛に直接特殊な光を照射することで脱毛を行います。

そこに日焼け止めなど照射力を弱めるバリアが作られていると、本来の施術効果が期待できなくなるのです。脱毛を受ける箇所、顔脱毛の場合は顔以外の部位に塗布することは可能ですが、最低限施術予定箇所へ日焼け止めは使わないよう注意しましょう。

ただし、一部の日焼け止めは問題なく使える場合もあります。飲む日焼け止めなどが代表的でしょう。飲む日焼け止めは肌に直接使用するものではありませんし、肌質を急激に変えるものでもありません。光脱毛のフラッシュを阻害することもないので、安心して当日紫外線対策が行なえます。

一応のリスクを避けるために、カウンセリングの段階で飲む日焼け止めは問題がないかどうか聞いておくとより万全です。細かい対応は脱毛サロンごとに異なる場合も多いので、日焼け止めに限らず不安な点はカウンセリングの段階で解消してしまいましょう。

脱毛後のメイク落としとスキンケア

メイクするしないに関わらず、脱毛後は肌も多少なりともダメージを受けています。そのまま放置していると肌荒れを招きかねないので、しっかりと保湿とスキンケアをして肌を守りましょう。美容に重点を置いている脱毛サロンでは、施術後に特性保湿ローションを塗布する流れが一般的になっています。

その保湿ローションだけでもかなりの潤いを肌へ与えられますが、万全を期すためにも自宅でアイメイクをしっかりと落としたり、お気に入りのスキンケア製品を使って保湿を完成させましょう。また、脱毛直後のメイクは推奨できませんが、日焼け止めは問題なく使用できます。

特にレーザー脱毛を受けた直後は肌も疲弊しており、紫外線に弱くなっています。綺麗な肌を作るために脱毛を受け、帰りに紫外線による肌ダメージを蓄積しては本末転倒です。美しい肌作りの一環として、UVカットできるスキンケア製品を携帯しておきましょう。

パウダールームを利用すれば気軽に塗布できるので、場所に困ることもありません。

関連リンク…脱毛サロン料金比較|1番得する脱毛入門